チダイ (Evynnis japonica) 【タイ科】
北海道南部から鹿児島まで広い分布で棲息し、マダイと比べて小型のタイで精々大きく育っても40cm前後。25cm前後が主流。
外見はマダイに似ているが鰓ぶたに縁が血が滲んだように赤く、尾びれに黒い縁取りがない。
「花ダイ」と可愛らしい愛称で呼ばれ、マダイよりも手軽に釣れる。
酢との相性は最高である。塩焼きや刺身もうまい。
ヤナギムシガレイ (Tanakius kitaharai) 【カレイ科】
刺身の王様がヒラメなら干物の王様はこのヤナギガレイと言えることは間違いない。ヤナギは精々大きくても20cm前後の小型カレイであるが、ここまで成長するのには5年以上もかかるといわれている。透き通るような腹の下に鮮やかな卵をもつメスヤナギは最高級品として扱われ一匹で何千円もする事は常識。しかしこのヤナギガレイにお目にかかれるのは12月中旬〜1月中旬の間だけで、それも僅かの量である。それを考えれば高価なのは納得もできる。干物としてカレイ類中最も美味。
ムシガレイ (Eopsetta grigorjewi) 【カレイ科】
ヤナギのライバルともいえるムシガレイはやはり干物に最適。
透明感のある身に鮮やかな色の子をもつムシガレイはやはり高価な魚といえる。
近年マガレイに比べ水揚げ量は少なくなっている。旬は寒い時期の冬場で干した後、焼いて食べるのが最も美味いが形の大きいものは刺身でも食べられる。
クロウシノシタ (Paraplagusia japonica) 【ウシノシタ科】
ムニエルの代表食材といえる魚。
産卵時期の夏場は比較的大量に水揚げされるが寒い時期になるとまるっきり姿を消してしまう。
小型の物は唐揚げや干物に使われ、産地によっては刺身でも食べられる。
マダラ (Gadus macrocephalus) 【タラ科】
タラの旬は冬で1月〜2月がもっとも味のよい季節。身に張りがあり、断面が透明感のあるものが新鮮なので刺身としても調理される。
しかし、タラはやはり鍋で食卓を囲むのが最適。
そのためか気温が下がれば下がるほど相場も高くなる傾向にある。
ほかに、煮付け、塩焼き、蒸し物でも美味。
精巣は「白子」の名で呼ばれ、酢の物や鍋、吸い物に。卵巣の「たらこ」は塩蔵品として出回り、生で焼いても美味しく食べられる。
ホウボウ (Chelidonichthys spinosus)  【ホウボウ科】
タイ同様、赤い体色から祝い事によく使われている。旬は12月〜4月または秋口で寒い時期が脂がのって美味。
頭部が角ばっている事から「方頭」と名付けられたと言う説もあるが、魚で鳴くのは珍しいがこの魚は、確かに「ボウボウ」と鳴くのは事実である。
市場では高級魚として取引されまさに魚通ならではの食材といえる。
メイタガレイ (Pleuronichthys cornutus) 【カレイ科】
カレイ類の中でもかなり小さな魚で大きく育っても20cm程度である。
透き通る様な身は上品な身質でるため刺身として食用される事が多い。
この程度の小型魚が刺身で用いられることは珍しいが食べてみれば納得もできる。
関東より関西での人気が高い。
メバル (Sebatesinermis) 【フカカサゴ科】
メバルは大きな目からその名前がついたように、大変目のよい魚である。
北海道から九州にかけて広く分布し、住む場所によって体の色が違っていて、キンメバルとかクロメバルと呼ばれるが、これらは同種で一般に浅い所に棲むものは比較的黒い体色をしており深いところに棲むものは赤い体色をしている。春告魚とも呼ばれ旬は春。上品な白身で焼き魚としては最高級品。
ウスメバル (Sebastes thompsoni) 【フカカサゴ科】
市場への入荷は青森からが多い。ひと昔前までは大衆魚であったのが、近年は高値安定、立派な高級魚。市場では本種を「あかめばる」、メバルを「くろめばる」と呼び分ける。
しょうゆとの相性がよく、煮つけは最上の味。塩焼き、唐揚げなどにもなる。
アイナメ (Hexagrammos otakii) 【アイナメ科】
一昔前は一般向けの魚として愛されてきたアイナメだが、今となっては市場でも高級魚として扱われている。
旬は2月〜4月頃。雄は黄色、雌は茶色の体色で見分けられる。南東北地方では、刺身や煮付けはもちろんだが、タタキとして食用されこれが最高の味わい。


Copyright © 2007 Sibaei Co. All Rights Reserved.