【毎月更新中】地元請戸港で獲れる旬の魚の紹介
【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】
3月の魚


アイナメ
11月〜12月の寒い時期に産卵を終え、早春の3月ごろから身厚になり身質も透明感をまし脂ものりはじめる。
そのため全国の市場でもこの頃から高値相場が出始めるため請戸港でも漁の中心となり釣りで漁獲される。
この時期は全長60cm(2.0k前後)の大型のものも珍しくはないが一般的に30〜35cm(1.0k前後)のものが好まれる。
体系色で雄と雌が区別され(下写真参照)縄張り意識の高い魚であるため大きい水槽にいれても四方の片隅に集まる習性ある。
調理法は刺身、煮付け、塩焼きが主流だが地元ではもっぱら味噌とネギをあえてタタキの刺身が定番となっておりこれが絶品の味わいである。
黄色系の体は雄(♂) 茶色系の体は雌(♀)



4月の紹介は【メ○○】の予定です。
ヒント:春が近づくにつれて美味しさが増す魚・大きな目
ご期待下さい!